2013年02月08日

イタグレの階段時!

ちゃお〜♪
撮りだめの動画があるから、ばんばんいきましょ!

夏に撮った動画の考察。
イタグレ階段同好会なんて前にも書いた事があるけど、相変わらず、カルの昇り階段が大好き。





何が好きって、やっぱりイタグレのモモ肉の筋肉美!
女性の趣味もそうなんだけど、常にマッチョでムキムキは、イヤなんだけど、ふとした瞬間とか、本意気で出まくる筋肉とかにビンビン感じちゃうおいら。





え?
そんなおいらのフェチなんて聞いてないって?
いうよね〜♡

ま、それは、さておき本題なんだけど…

カルは基本的に後ろ脚を両方で跳ぶように昇る。
ま、当たり前だよね。
高さにも寄るけど、走る時だって、全身を、弓なりにして前脚、後ろ脚で跳ねる様に走るんだから。





んでね、この動画。


よーく見ると、後ろ脚が地面を蹴る時に内から外に蹴り出してるのね。
その動きが堪らない!!(笑)

そんなフェチ話。






やっぱり改めてイタ飼いとして思うのは、この美しさよね。
筋肉美!躍動美!
この小さな身体にどんだけのエネルギーを蓄えてるんですかと感じる爆発力っていうのかね〜( ´艸`)♡


にほんブログ村 犬ブログ イタリアングレーハウンドへ
にほんブログ村
共感出来たら、カルにセクハラして行って下さいね♪
posted by カルパ at 23:35| 神奈川 | Comment(2) | TrackBack(0) | 育成記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ちゃお〜♪

カルくんの「待て力」、半端じゃなく凄いですね!!!
うちは、幼少期にケガが続いたこともあり、どうしても甘やかしてしまいましたf^_^;
どちらかが側に居れば、いくらでも待てるのですが、1人(1わん?)ぼっちで待たせると、置いて行かれる意識が強く、哀れもない声でマジ泣きします。
二人で離れると、そりゃもう大変な騒ぎで泣きじゃくりです(汗)
普段、全く吠えたり・・・正確には、声を出すことが無い子なので、いざ要求の声を出した時に、ワンちゃんらしからぬ声になり、マジでヤバい時の女性の悲鳴と間違われたことも幾度かありました(--;)

それにしても、カルくんとカルパさんの歩調が、うちのフォーンにソックリです♪♪♪
リードを外す時に、必ず「あまり離れちゃダメだよ」「見えるところに居てね」「呼んだら必ず戻ってくるんだよ」と、その時によって違いますが、3つ程伝えたい事を伝え、理解した様子だったらリードを離しました。
例えば、上記の事を言った場合だと、曲がり角をフォーンが先に曲がってしまって見えなくなったとき「フォーン、見えないよ」と言うと、ひょっこり角から顔を出していたものです。
草むらでクンクンしていて見えなくなっても同じで・・・見えてるんですけどね・・・「フォーンくん、どこ?ママ見えないんだけど、フォーンくんどこ行っちゃったかな?」と言うと、近場ならひょっこり顔を出し、3メートル以上離れていれば、呼び戻せば必ず戻って来ました。
・・・まぁ、こういう場合の呼び戻しは普段とは違い、「フォーンくん何かあるの?ママも連れていって」と言うと、喜んですっ飛んで来て、とても嬉しそうに連れていってくれたものでした。

そうそう!リードウォークも出来ない事はないです。
私的考えなのですが、何か自然災害にみまわれ、離れ離れになってしまった時、会えるまで生き抜いてほしいという願望から、育てる過程で本能を大切にしていました。
100%に近い程、言っている事を理解してくれて、従ってくれるので、万が一離れ離れになったら会える時まで生き抜く力(自力で食料調達してきたり、私達だけでなくフォーンも私達を探してくれたり)と、お友達にも食料を分けてあげる優しさ、ヤられそうになった時にどんなに体格差があっても負けない強さを身につけて欲しかったのです。
まだ実際にフォーン1人ぼっちというケースには出くわして無いので、どこまで出来るか実際には分かりませんが、かなり身についていると実感出来た時が多々ありました。

ドックランなどでのノーリードの時も同様な考え方で、どんな状況でもフォーンは私達に目線を何度もくれ、夢中になりアイコンタクトが疎かになれば、呼び戻して・・・みたいな感じでした。

特にカルくんの「階段話」の動画の様に、うちも裏手に山を背負っているので、狭く急な坂や階段が続いていますが、リードを放すと、私一人なら2メートル以上離れません。
二人一緒だと、だいたい3メートルぐらいでした。

カルくんの「階段話」動画に、心トキメキ、癒されるFaunママです♪♪♪

Faunママはカルくんの事が大好きだじょ♪
動画を見ちゃうと、食べちゃいたいくらい可愛いすぎだじょ♪♪
罪すぎるじょ♪♪♪

その調子で、おばちゃんをトキメかせ続けて♪だじょo(^-^)o
トキメくと、若返るんだじょ(笑)

・・・何故か、記事を拝見してからずっと、猿飛サスケの「スキトキメストキス、逆さに読んでも・・・」が頭の中を駆け巡っています。。。
歳がバレますね(笑)
Posted by Faunママ at 2013年02月20日 05:18
faunママさんへ
たっぷりのコメントありがとう♪
そんなん大好き。

犬との付き合いというのをいつも何かな?と考えているおいらです。
カルの場合は、おいらの知ったかぶりの『躾』(コミュニケーション)でカルの心を壊してしまったという反省があります。コレが出来たから良いとか悪いじゃなくて、自分とカルと人間社会との付き合い方で、自分のしたい様にカルと付き合う。そこの持続と発展の未来が飼い犬と主との関係が熟成して素晴らしい伴侶としての犬となると思ってる。

犬との会話の楽しさを多くの人にもっと知って貰いたいと思うよ♪
Posted by カルパ at 2013年03月02日 15:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/319791732
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
にほんブログ村 犬ブログ イタリアングレーハウンドへ
にほんブログ村