2012年01月09日

老化しない為のヒントになるかも!?

ちゃお〜♪
今年もシクヨロなカル家一同です!



今年も順次、絶賛、絶好調な我が家でございます。

今日は、食事の話。
食事というよりも、細胞の生成の仕組み。

当たり前の様に人は細胞のかたまり。
細胞の中身は、単純に言うならタンパク質。タンパク質と言っても、様々なタンパク質がある。
タンパク質は、何なのかと簡単に言えば、多種のアミノ酸が絡まった状態。
それによって、各部位を作ってるみたい。臓器などね(^^)




タンパク質は、日々作り替えられる。
若い時は早く、歳を取ると遅く。
つまり、老化というのは、タンパク質の生成、代謝が遅くなる事。

実は、我々が取る食事。
全て、毒である。
最近、流行りの断食する事でデトックス出来るというのは、そうゆう事。


人が、食事を取るのは、生命をつなぐ為。
生命をつなぐには、細胞の中にある本質とも言えるDNAのコピーをし続ける事にある。
DNAが塩基配列というが、これも、タンパク質。
このDNAを守る為に必要なのが、脂質。
いわゆる、細胞膜。保水の為の脂質。

タンパク質、脂質。三大栄養素のもう一つの、糖質産むためのが炭水化物。
糖質は、活動するためのエネルギー源。



さて、細胞の生成の話に戻しましょ。
人も犬も生き物は、ある意味、精密で、ある意味不完全な生き物。
我々は、タンパク質を作るのに、相当駄目なタンパク質を作ってる(異常タンパク質)。
これを、また、ぶっ壊して、正常のタンパク質を作る作業を繰り返している。
その際に、必要なのが、酵素。
酵素は、体内でも当たり前に作ってるんだけど、やはり補助があると助かる。
んじゃ、酵素って何?
植物も含め、生きてるもん全てが保有しているらしい。
そして、熱を加えるとほぼ酵素は、破壊される。



だから、犬の生食がいいってのは、それだったりする。
アレルギーであったり、代謝の悪さ、というのは、身体の拒否反応というか、今、酵素無くなったので、タンパク質のコピーが出来なくなりますよ。だから、代謝を遅らせてでも、止めておきましょう。となる。
代謝を遅らせれば、活性酸素の増大。
異常タンパク質の蓄積。
つまり、老化が進むという事らしい。
老化が進めば、言わずもがな、細胞のガン化なりなどの悪影響が出てくる。



肉や魚の生食がいいのでは、無くて、野菜や果物でもいい。
実は、カルも軟便マンだったりする。
おいらは、この軟便は、消化不良、つまり身体が消化したくないと言ってると思ってる。
では、カルが食べたいと思う以上に、カルとは別のカル自身が必要と思う物を上げたいと思うのね。

それが、生野菜であったり、生の果物であったり。
野菜なら、キュウリ、ニンジン、キャベツが好み。
果物は、葡萄は良くないって言うからか、カルは食べない。それ以外なら、何でも食べる。
けど、フルーツは、おいらは、糖分が実は邪魔してるのか、あげすぎると緩くなるので、あまりアテにしてない。



んで、また、話を戻すのだけど、細胞生成(コピー)をするのに、バグともいう異常タンパク質を作る。
最近の話では、この異常タンパク質の蓄積が老化と言えて、更に、有害な病態を引き起こす原因であると。
その異常タンパク質の蓄積をいかに減らすか、というのは、タンパク質の分解と言うこと。

異常タンパク質を分解して、新しい正常なタンパク質を作るという事。
異常タンパク質を分解しているのは、タンパク質分解酵素であるプロテアソームというもの。
これ、ややこしいんだけど、古細菌に含まれてる。
古細菌って、生物の一種なの。というか、生物。
まぁ、まだ解明が全然されてないんだよね。コレを調べたら、生体エネルギーの生成の秘密が分かるとも言われてる。



そして、まぁ、大抵なもんに含まれてる。
そして、生物であるから、熱すれば死ぬし、冷凍しても死ぬ。
すると、酵素としての利益は得れないのね。
でも、実は熱してもとか、凍らせても平気な酵素もあったりするけど、それがどれだけ、この酵素と関係あるかまでは、分からない。

そしてね、断食、デトックスの話なんだけど、この異常タンパク質の分解を食事制限で加速する事がマウスの実験で分かっている。
あくまで、マウスで人でも無いし、犬でも無いので、参考にしてみては、程度しか言えない。

調子の悪い時にカルが、自ら食べないのは、実は、こんなんを実は知ってたりしてね。



ま、そんなこんななお話。
信じるも信じないもアナタ次第。
参考に自ら調べてみてもいいかもですね。



にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ イタリアングレーハウンドへ
にほんブログ村


posted by カルパ at 02:04| 神奈川 ☁| Comment(2) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
明けまして、おめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願いいたしますm(_"_)m

昨年始の記事を拝見して、気づけば、メチャ『うんうん』とうなずいちゃってるFaunママです。
ご無沙汰しております(^O^)/

フォーンもカル君と・・・おそらくですが・・・似た体質だと思います。
そんでもって、ママは産まれ持った体質で、タンパク質値数が低いです。
意識していないと、すぐに最低ラインを下回ります。
免疫力も低下し、疲れやすくなります。

自信がそんな体質なので、フォーンの身体の中で今何が起きてるか、手に取る様にわかる時があり、気になる時は一日絶食させたり。。。
もともと「メシくれ〜」とか「散歩つれてけ〜」とか、せがむ事がない子なので、またご飯を出せば私達に心配かけまいとして、ムリして食べて夜中に吐いて、それを粗相と思い、嘔吐物を食べてしまう時が多々ある子なので、逆に気になる時・・・便とか身体や顔にけだるさが見て取れる場合は、あえて絶食させる感じ。。。

更に更に学生時代に・・・習ったであろう内容で、つくづく納得ですo(^-^)o
カルパさんが先生だったら、リアルタイムで納得出来たのにねぇ♪
もう遅いぜ、切ないぜ〜(:_;)

コトヨロだぜ〜(^O^)/
Posted by Faunママ at 2013年01月08日 19:38
faunママさん!
ちゃお〜♪
元気してる?

因みにコレ去年の記事だけど、分かってるよね?(^^)

今年こそ遊びたいねぇ。
そんな事を言いながら、月日経ち過ぎだよね♪

去年の記事でも、今年もシクヨロだぜ!
Posted by カルパ at 2013年01月10日 15:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
にほんブログ村 犬ブログ イタリアングレーハウンドへ
にほんブログ村
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。