2011年04月04日

リード無しでの実験


ちゃお〜♪
呼び戻し時の最大の発見は、リードを常に着けて置くという事だった。
発見というとおかしいのだが、コレがあるという事を意識させるだけで、
カルをある意味で抑制出来ている訳である。

ただ、それじゃあ〜、本来の呼び戻しをする時の本末転倒だと思っていた。
リードを着けていないと、コントロール出来ないなら意味がないだろうと。
問題になっているのは、リードが外れた時、手からすり抜けた時に、
カルを危険から回避させる為に、呼び戻すかなのだから。

そうゆう、ジレンマみたいなモノがあり、徹底という部分が足りなかった。
だけど、リードを着けている事を日常化させる事で、効能みたいなモノがやっと出て来た。

tmp_5831021.jpeg
これは、3月27日に七国のランに行った時の写真

久々のランでどうかと思ったけど、運が良くガラガラの状態のランだったから
たっぷりとノーリードで出来るのか練習というよりも実験に等しいものを試すことが出来た。

結果は上々!
まだまだ、練習が足らないけど、問題は無いように思えた。
このカルが珍しく惚れたJRTのかわいこちゃんとも、
遊んでいたとこを「オイデ」と呼んで、
直ぐ様には、いかないものの、渋々ながらも戻って来る。

これが、リードつけっぱの効能なのかなと、思っている。

これからも積み重ねが大事で、終わりなんてモノはないんだろうけど、
一先ず、光明が見えてきた2011年の3月。

二頭目なんてのを、
考えてるけど、
カルとの関係が
まだまだ楽しく
なっていくのが
たまらない!
そんなおいらとカルに応援クリックplease♪
にほんブログ村 犬ブログ イタリアングレーハウンドへ
にほんブログ村



追記
tmp_37031022.jpeg
三度目のカルの冬は、昨年の諸々の課題をクリア。
一つは、冬痩せの体重管理。
2歳過ぎて、何だかガッチリしてきた。
そのせいか、初の4.8kg
ちょっと、増え過ぎかも知れないけど、様子をみる。

もう一つは、耳の霜焼け、アカギレみたいなの。
寒さで血流が悪くなり、乾燥とでなるらしいので、
去年効果的だったオリーブ油でマッサージを適宜やる。
そのせいか、若干、硬さあるけど、切れずにここまできた。

次は、生え変わりが始まってる毛並みの管理に注意だ。
posted by カルパ at 23:25| 神奈川 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 育成記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月01日

信頼された飼い主


ちゃお〜♪
日常が大事。
って、事でこのブログはマイペースの権化なので、
淡々と参ります。

さて、前々回(バカにされた飼い主)の記事の続きです。

今月の辺りから、ほぼ呼び戻しという形のモノは、完成形ではないかという所まできました。

去年の12月に決定的な間違いを突きつけられたおいら(詳細の記事)

ホントにショックで、悩んだ。
全てを見直し、良かった事、悪かった事を思い出し、カルの心理変化を探った。
どうしたら、カルに伝わるのか。

リードを外した途端に、暴走モード・・・。
こりゃ、カルの挑戦状だな。と思ったおいらは、なら勝負してやる!
と、心の喧嘩を挑んだ。

いつもの森に行き、カルを放す。
カルはリードを外れたのを確認すると、おいらから逃げ出す。

「いいよ、カル!逃げるなら逃げていい。そんな状態でいてもお前は楽しくないだろう。」
そうカルに言い放ち、カルを呼ぶのを止め、追うのも止める。
カルは遠巻きにおいらを見て、おいらが動くと距離を取ろうと逃げる。
おいらが考えたカルの心理は、おいらを怖いと感じてると考えた。

なら、怖くない事を教えなければ!
考えた・・・
この状況でカルにどうすれば伝わるか・・・

考えたおいらの出た行動は・・・

笑う、踊る!
30過ぎたおっさんが、真冬の森の中で一人、笑って、踊ってる恐ろしい光景。
通報されなくて良かったと、今は思う。(笑うとこだからね(^-^))

すると、離れていたカルは、初めは逆に警戒心が増し、余計に離れた。
だけど、続けている内に、近寄って来て、走ったり、森の中で転げ回り笑ってるおいらに尻尾振って寄って来た。
そして、リードつけている時には、出来る呼び戻しの様に、「オイデ」といい、じゃれる様に抱っこ。
そして、突き放して、繰り返して「オイデ」・・・
すると来るじゃないか!

カルの心が氷解したような感じである。
そうだよ、怖くないよ。
大丈夫だよ。
そんな気持ちが届いた気がした。

コレでキッカケを掴んだ。
カルに対するほめ方、タイミングであったり、誉める長さや、スキンシップの度合いなど。

そんなこんなの3ヶ月ようやく、完成形が見えてきた。
前々回からの修正を何度もし、カルとの絆を深める。
心の通じ合いが気持ち良くなってくる。

おいらが、問題点をカルに教える。
カルは、なんで?となる。
こう?コレ?もしかして、コッチか?
なんてのが、カルから伝わってくる。
出来たら、すかさず誉める。
結局、ポイントは誉め方だったんだね。



そしてこちらが3/13に撮った動画

100均リードは着けているが、言葉とサインと口笛で会話しながらの散歩。
震災後という事も有り、珍しく家族で散歩に行ったのでかみさんに撮って貰った。
カル自体がかみさんにも気を配ってるからイマイチだけどね。

呼び戻しが出来てきたら、こんな事まで出来てきた。


こんな感じで遊べる。
本来は、カルは左に行くのが、いつもの散歩コースだから、坂を昇ったら左に行くんだけど、かみさんとアイコンタクト。
呼ばれて、こっちかぁ〜♪って、なって嬉しそう。

失敗バージョン
おいらが楽しくて何度もやってたら、飽きてもう行かないってなったカル(^-^)

こんな感じで、大分理想な関係が作れてる。

カルが家に来てから2年と3ヶ月
やっとここまで来たっ!
苦労してるんですから、苦労しましたと、犬談義する際には言えるようになりました。
にほんブログ村 犬ブログ イタリアングレーハウンドへ
にほんブログ村


カルのブログも、すっかり更新しない怠惰なモノになってしまいました。
最近では、Twitterばかりで、楽しんでいます。
もし、よろしければ、下のバナーポチっとで、飛べますんで!
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ


posted by カルパ at 23:53| 神奈川 | Comment(0) | TrackBack(0) | 育成記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 犬ブログ イタリアングレーハウンドへ
にほんブログ村